地球人で初めて宇宙に行ったガガーリンさん、選ばれたワケ

投稿日:

こんにちは、栁澤蘭丸です。

人類で初めて宇宙に行ったのは誰?って聞かれたらまぁ「ガガーリン」ですよね。色んな名言を残しているのも有名です。それにしても人類で初めて宇宙へ行くだなんて、どうやったらそんなプロジェクトでパイロットに選ばれるんでしょうか…?宝くじに当たるよりも凄い!(そりゃそうだ)

というわけで今日はガガーリンについてのお話です。
ガガーリンは、ソビエト連邦の人です。その頃、アメリカとソビエトはどっちが早く宇宙に行けるかを競っていたので、宇宙へ行くプロジェクトは国の威厳をかけたものすごく大事なものでした。そりゃもう、ただの「宇宙開発したいのよー」というノリではなく。どっちが優れた国なのかをガチで競っていたので、予算も半端なかったんですね、羨ましい。
で、有人宇宙飛行というのは、ひとつの大きな目標だったわけですね。ソビエトのライカ(犬)が一足先に、地球の生物で初めて宇宙に行きましたが、ライカに与えられたのは宇宙への片道切符。生きて帰ってくる予定はありませんでした。しかし今度は「人間」を宇宙に送りたいので、片道は困ります…!!いやー、でも…嫌だな~、怖いな~(稲川淳二風)。何となく万が一のことを考えちゃうな~…。そんな中、宇宙飛行士に選ばれたユーリー・ガガーリン。

ガガーリンは、宇宙飛行士候補20人の中の1人でした。実は訓練の成績が1位だったわけではありません。ガガーリンが選ばれたのは、成績以外の色々な良い点があったからだったんです!

良い点その①…小柄だった
ロシア(ソビエト)の男性って言うと、どんな人を思い浮かべますか?なんというか、ザンギエフ的な…すごく大柄な人を思い浮かべませんか?お酒好きで、豪快みたいな。実際、ロシア人の男性の身長は平均176センチ。女性も168センチと、大きいです。プルシェンコ(ロシアのフィギュアスケート選手)の身長が178センチ。体格に恵まれたお国柄なのですね。(ちなみに日本人男性の平均身長は170センチ。女性は158センチ)
しかし、宇宙に飛び立つ予定のボストーク1号の機内はとても狭かったので、大きな人は入れませんでした…。でも、ガガーリンの身長は158センチと、ロシアの人にしては小柄だったんです!いくら訓練で素晴らしい成績を残しても、この天から与えられた部分がどうにもならなきゃ、宇宙飛行士には選ばれなかったというわけなのです。

良い点その②…名前がいかにもだった
ロシア(ソビエト)の人の代表的な名前といえば…まずはイワンなのは疑いようがないのですが、ユーリーもかなりメジャーなロシアらしい名前でした。そこが「アメリカより凄いのはソビエトだよ!」とアピールしたかった当時、ウケたようです。ちなみに最終候補は2名いて、もう1人の名前は「ゲルマン・チトフ」さん。ゲルマン。ドイツとは関係ないとはいえ、ロシアっぽさを強調したいならばユーリーのほうがいいに決まっています。名前も良かったんですね。
日本なら、太郎さんとか一郎さんでしょうか?

良い点その③…笑顔が爽やかだった
これ、マジかよって思うかもしれないんですが、真面目な話で。有人の宇宙飛行が成功して戻ってきたら、宇宙飛行士は世界中のヒーローになるわけで、笑顔が素敵な人を選んだ…とか言われています。実際ガガーリンの写真はニコニコしてるのが多いですね。ルックスも大事だったなんて…!

良い点その④…身分が高くなかった
なんか闇を感じざるを得ない理由なんですが…そういうわけではなかったんですよ、身分が高くない人が偉業を成し遂げたっていうところが、世界から愛されるはず!という、ソビエト連邦の思惑があったと言われています。別に、身分が高い人の子息に万が一があってはいけないとかいう理由ではありません、もちろん。当たり前。うん!

…というような天賦の部分があって、ユーリー・ガガーリンさんが宇宙飛行士に選ばれたのです!実は当時は宇宙船ごと戻ってきた、と伝えられていましたが実際は高度7000mからパラシュートで帰ってきてたという…帰ってこれて当たり前、という状況ではなかったことが判明しています。ウーン、本当にお疲れ様です…。まじヒーローです。
アメリカは有人飛行を先にやられてしまい、慌てて後追いで23日後に宇宙船を打ち上げるのですが、結果はガガーリンの宇宙滞在時間約100分に対して、アメリカの宇宙船の滞在時間は15分と惨敗してしまいます。
この後、アポロ計画で月に到達するまで、アメリカはソビエトの後塵を拝すことになるのでした。

っていう、ユーリー・ガガーリンのお話でした!
ではまた~!栁澤蘭丸でした。

地球人で初めて宇宙に行ったガガーリンさん、選ばれたワケ_挿絵1
挿絵は茶色ベースだからちっとも青くないけどね!

雑談記事一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?