間抜けそうな私はしばしば牙をむく~車を何とかしろ編~

投稿日:

どうもこんにちは、栁澤です!

普段は間抜けでぼーっとしてて階段から落ちたり、ちょっと走ったら何もないところで躓いて転んだり、自転車に乗れば電柱に激突して負傷する、そんな私ですが実はすごくいつでも有事に備えてはいるんです。
それこそ、伊達さんがいつも待ち望んでるゾンビがいつ出てきても、手持ちの何かでどうにかして生き延びようというくらいのガッツをいつも心には持っているのです!

そんな私がトラブルにあったら、まず強硬手段に出ます。刑事なら警察直行だし民事なら弁護士直行なのです。ウォーキング・デッドでいえば、敵はとりあえず壊滅させるリックみたいなもんです!
別に先手必勝だとかそんなこと考えているわけではないのです。何故ぼーっとしている系の私がこうなったかには理由があります…私は根っから牙をむく系の性格だったわけではない(と思う)のです。家族をトラブルから守らねばという気持ちからこうなったと自分では思っています。

トラブルというのは素人同士が言い合いをしていても結局「埒が開かない!出るところに出よう」となるしかないことが多いです。妥協点を見つけようとしても、そこに「専門家」がいないと、決まるものも決まらないのです。それに私は今でこそ何故か絵を描いたり音楽作ったりしてますが、専門は法律で、仕事も法律系でした。いろんなトラブルを見てきましたが、結局は法律事務所なり警察に駆け込むしかないことが多いのです。そういう経験をもとに私は、「個人でとりあえず話し合う」という工程はショートカットするようにしています。が、このせいで「こいつヤバいやつだ」と勘違いされることがしばしばですが…(;´Д`)でも、素人同士で言いあいをしていても、正直時間が無駄に過ぎていくだけなのです…。

昔、私の弟が、ちょっと変わった車を欲しがって、ある全国規模の有名中古車業者を通じ、中古で手に入れました。日本ではあんまり見かけない、都会で走ったら細い道曲がれねーよというような車だったんですが…その車は納車された時から「わが社の工場で車検済みダョ☆」となっていました。が、サイドミラーはガムテで止めてあるわ、2キロほど走るとエンストするわで、どう考えても使用に堪えません。弟本人や、母が連絡しても、「車検は通ってるから」の一点張りで話が進まないということだったので、私に電話を代わってもらい「買った者の家族」としてお話してみますと、やはり「車検は通ってますので」とか「こういう規約で了承してもらったので」とか、同じ文言を言われます。私に対しても、「こんな若造に電話代わったって、どうせよく分からないんだろうからマニュアル通りに言って退散してもらう」って感じでした。「家族」として「自社の持ってる工場で車検して通ったって言われても………ガムテープでサイドミラーが止めてあっても車検通しちゃうんですか?ほんのちょっと走ると急にエンジンが止まっちゃうんですけどそれでも車検って通るんですか?後ろに車が走ってたら玉突き事故になりそうですけど」と訴えると、相手は「アレ?しつこい人なの?」っていう困惑した雰囲気は出してましたが、結局「車検は通ったので」一点張り…さらに電話をするたびに「担当者が変わりました」と言われ、全て一からの説明のし直し。そしてどの人も口をそろえて「車検は通りましたから」です。これじゃ素人は諦める場合もあるでしょう…。だってあまりに自信満々だし、母も弟も言い負かされてショボンとしてましたし。というわけで仕方がないので、職場で正式に取り扱おうと思い(上司に話を通して)、次からは連絡は私の職場にしてくれと伝えました。職場は法律事務所です。
すると「え…職場って法律事務所?介入してくる気なの?」と思ったのか、結局職場から連絡することも職場に連絡がくることもなく、次の連絡で母の携帯電話に「その車は、売値で買い取らせていただきます」と言ってきました。あれだけ手を変え品を変えて話を長引かせてきたのに、光速の対応でした(;´Д`)
インターネットで調べても、「この業者はヒドイ状態の車を売りつけて、絶対に返金に応じてくれない!地雷です!」とかいう評判ばかりで弟も母も肩を落としていたのに、あまりにあっさりだったのでビックリしていました。素人(と思われている状態)がいくら引き下がっても、相手にしてもらえないということを学んだ私でした。

悪徳で名を馳せていた業者でも、正式に「専門家に頼みました」と表明されれば、動かざるを得ないってことのようです。
正直、長引いたら面倒だったので相手の車検がザルだったとか、そんなことは正直もうどうでもよかったし、お金だけ返してもらいました。中古とはいえ自動車でしかも外車だったのでそれなりのお値段でしたし、私は泣き寝入りする弟や親を見ていても平気な顔をしていられるような無欲な人間ではなかったんです。実際、言葉尻は穏やかでも、はぐらかされて埒が開かないあたりの私は荒れ狂う冬の日本海でした!!ぷんすこ。

人生は、色々な分野で色々なトラブルが起こるものだと思います。最近ですと私の場合は「伊達さんのネトゲアカウント凍結事件」とか「不動産屋の言ってることと契約書が違うやんけ事件」などがありましたが、相手の「難しい専門用語攻撃」とか「私は責任者じゃないので分かりません攻撃」は相手にせず、専門家に介入してもらうことをおススメしたいと思います。最初から悪質な業者さんは、一定数の「泣き寝入り」をもう想定して商売をしているのですよね。なので、叩いたら埃が出ちゃうので、法律の専門家などが出てくると、話を素早くまとめて逃げないといけないのです。もちろん真っ当な業者ならば、そこまで真剣に解決したがっているなら話を聞いてくれるでしょうし。それ以上長引くということはないと思います。

弁護士に相談するとそれだけでお金がかかるんでしょう?って思うかもしれませんが、相談だけで終わった場合はかかりますがその後解決に向けて動いてもらうようにお願いすると相談料はかかりません(相談料はですが…)。また、急ぎで無ければ無料で相談を受けてもらえる場合もあります(法テラス)。額が少額なら司法書士さんは今グレーゾーン金利バブルが落ち着いて、まあまあ時間の余裕はあると思うんで、相談に乗ってもらうといいのではと思います!もちろん知り合いに法律関係の仕事の人がいれば、必ずコネクションがあるので詳しい人を紹介してくれるなり、アドバイスをくれると思います。

相手が個人であっても同じです。「ごね得」を許してはいけないと思います。
泣き寝入りをすると悔しさはいつ忘れられるか分かりません…なるべく打てる手は打って、爽やかに暮らしたいですね!こじれる前に労力の節約です。
栁澤でした。

常に牙をむいている私~車を何とかしろ編~

雑談記事一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?