クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
防護ビームを全て解除してもらった段階で、ロボをプロメテドームに帰すという選択もあったのではないかと思っている伊達あずさです。
まあその場合、隔壁が閉じた際に逃げ損ねていた可能性もありますけど、あれは偶然であってロボが必ずしも必要なシチュエーションではありませんでしたからね。あ~早くロボをグループから除外したいよ!ルッカとマールみたいに絶対にイベント死しなそうなキャラとしか一緒に冒険したくない!

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵1
では、警報鳴り響く工場跡内からの再開となります。

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵2
警報音に急かされながら、地上を目指し走っていると、目の前にはロボの色違いが大量に。

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵3
あれ?ハイフンの位置がおかしくないですか?ロボの開発コードって「R66-Y」でしたよね?

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵4
ロボ「な、何を・・・」

R-64Y「ケッカンヒンメ」

R-67Y「オマエナド ナカマデハナイ」

ロボ「・・・!?ケッカンヒン・・・」

R-64Y「ソウダ。ケッカン ヒンダ」

ロボ「ケッカンヒン・・・ワタシは・・・ケッカンヒン・・・」

R-69Y「ワレワレノ、ニンムヲワスレタノカ?コノ、コウジョウ ニ フホウシンニュウ スルモノハ マッサツスルノダ!」

ロボ「!!ワタシは、そんな事をするために作られたと?」

R-64Y「キエロ、ワレワレノ ツラヨゴシメ」

非常にロボットらしからぬやり取りですね。ロボットに敢えてこのような人格を与えたのだとしたら、このロボットの制作者はかなり悪趣味です。それと、ロボット同士の通信にわざわざ音声を使用しているところがもう技術の無駄遣いです。

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵5
Rの後にハイフンがついてるロボット達がロボを一斉攻撃し始めちゃいました。もう早く戦いましょう!!

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵6
しかし、攻撃しようと近づくと吹き飛ばされちゃうのですよ。

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵7
やがて、動かなくなったロボは棒立ちする私達の目の前で処分され・・・

R-64Y「ヒキツヅキ シンニュウシャヲ ショブンスル」

ルッカ「処分されんのは・・・あんた達よーッ!!」

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵8
というわけで、戦闘です。遅い!何もかもが遅い!!

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵9
何がいらつくって、実際に戦ったら火炎車輪で即死するような雑魚なんですよ!?

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵10クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵11
運良く途中で引っかかっていたロボを回収し、プロメテドームへと戻ります。

工場跡

拾得物

シェルター×2、ハンマーアーム、チタンベスト、プラズマガン、ロビンの弓、ミドルエーテル×2、エーテル×2、ミドルポーション、400G、雷鳴剣

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵12
ではいざ修理開始。と言っても、実際に修理するのはルッカですけど。それにしても、意識あったのですね、ロボ。

ルッカ「あんまり、しゃべっちゃダメ」

喋るのがダメというか、修理中に電源を入れること自体がもうダメ!
修理してるルッカにとっても危ないし、ロボの回路のどこかが何かしらの欠損により短絡したりしてたら破損部分がより広がっちゃう可能性だってあります。

ロボ「アナタ方は・・・この世界を変えるというのデスカ・・・?」

ルッカ「私達の力で、どこまで出来るかわからないけど・・・ね。ところでロボは・・・直ったら何がしたい?」

ロボ「ワタシの・・・したい事・・・?」

ルッカ「そうよ、長い間こんな所で故障してたんだもの、やりたい事がいっぱいあるはずでしょ?」

ロボ「ワタシに、そんな事を聞いたのは、あなたが初めてデス。ルッカ・・・」

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵13
・・・直っちゃったよ、普通に。あからさまな死亡フラグはミスリードだったみたいです。

マール「ロボ!良かった、元気になって!ご苦労様、ルッカ!」

ルッカ「ちょーっとばかり大手術だったけどね!」

天才にもほどがあるよ。

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵14
で・・・そう来ましたか。今回は偶々「仲間になって間もない」という特性補正がかかってたから良かったけど、自我があるロボっていうだけで相当な死亡フラグなんですからね!?仲間になることは反対しないけど、安全なところで後方支援に努めてほしいよ!

ロボ「ワタシも、見届けてみたいのデス。アナタ方のする事が、人間を・・・いえ、この星の生命を、ドコへ導いて行くのか」

ロボのくせにいちいち言い方が芝居がかってる!!ポエマーか!ポエムロボか!?

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵15クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵16
というわけで、新たにロボを加え、4人グループとなった私達はゲートを活性化させて、別の時代へのタイムスリップを敢行したのでした。

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵17
でもさ~何か皆、このゲートを抜ければ元の世界に戻れるって当然のように思っちゃってるみたいだけど、どこにもそんな保障ないんですよね。確率的に考えれば、全然関係ない時代にタイムスリップする可能性の方が圧倒的に高いわけで・・・

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵18
とか言っていたせいなのかはわかりませんが、本当に変なところに出ちゃった。

ロボ「ココは?」

いやほんとどこでしょう?

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵19
立ったまま寝てる人がいるよ・・・

老人「ここは、『時の最果て』・・・時間の迷い子が、行き着く所さ。お前さん達、どっから来なすった?」

ルッカ「私達は、王国歴1000年から来たんです」

ロボ「ワタシはA.D.2300年の世界からゲートで・・・」

老人「違う時間を生きる者が、4人以上で時空の歪みに入ると、次元の力場が捻じれてしまう・・・しかし、この所、時空の歪みが多くてな。お前さん達の様にフラリとここへ現れる者もいる・・・何かが時間全体に影響を及ぼしているのかも知れんな・・・」

それって同じ時間を生きる者同士なら何人でも大丈夫ってことなの?それに違う時間っていうのはどれくらい厳密なのでしょうね。というのも、私、マール、ルッカは一度だけ別々にゲートをくぐっちゃってるのですよ。その際、微妙に私達の中の時間が狂っちゃってる可能性もゼロではないと思うんです。マールに至っては存在が消えちゃってた期間すらありますしね。

ルッカ「って事は、誰か一人ここに残った方が安全って事ね」

え?2回に分けてゲートをくぐるんじゃダメなの?という私の疑問が皆の元へ届くことはなく、この場所が全ての時に通じているため、願えばいつでもここに残った仲間を呼び出すことができるという理由で、3人旅を強要されました。

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵20クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵21
今さっきのことで大変申し訳ないとは思いますが、そりゃ~ロボに残ってもらうに決まってます。
以後はYボタンでこのおじいさんを呼び出せば、いつでもメンバーチェンジできるらしいです。便利。後、一度通ったことのあるゲートからはいつでもここに戻って来られるらしいです。何かもう完全にゲートの力を制御しちゃってるじゃん。

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵22
バケツから繋がっているゲートって、その右前方で光ってるやつの事でしょうか。気をつけろとだけ言われてもなぁ・・・そんなあいまいな忠告の仕方では逆に気になっちゃうじゃないですか。

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵24
問答無用でバケツを調べたら止められちゃいました。

老人「そう、急く事もあるまい。上のドアの向こうにも寄って行ってみなされ」

だそうです。

クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)_挿絵25
でも、ここでセーブできるみたいなので、それは次回ね。

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

2 thoughts on “クロノトリガーのプレイ日記22:レトロゲーム(スーファミ)

  1. 御堂 亜門

    ゲートがバケツという所が、そもそもツッコミどころに思えます・・・。
    本当に、行くんでしょうか、バケツの中・・・。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.