出会いと別れ:Baldur’s Gate#15

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
右手の人差し指の第一関節が微妙に痛む伊達あずさです。
普通にしている分にはそこまで痛くないのですが、長い間マウスをクリックしているとかなり気になるので、中指でクリックしています。ただ、髪の毛をゴムで止めようとするときには結構痛むのですよね。本当に困ったものです。
マウスをクリックしすぎて折れちゃったのかな・・・もしそうだとしたら、それはきっとAssassin’s Creedのせいだと思います。

出会いと別れ:Baldur's Gate#15_挿絵1
というわけで、フェルデポスト・インの前から再開です。
全く・・・今のところ、行く先々の町で襲われてますよ。接近した状態から戦闘が始まる分だけ、野外で魔物に襲われるよりも酷い。
とりあえず気を取り直して・・・日中になりましたし、もう1つのお買い物ができる場所、サンダーハンマーの鍛冶屋さんにでも行ってみましょうかね。

出会いと別れ:Baldur's Gate#15_挿絵2
サンダーハンマーの鍛冶屋さんへと向かう途中、丁度バーニングウィザードの前で名のある人を発見!

ゲーリック「やあ、冒険者の皆さん。いい話を持ってきたんだ。貴方達は聞くところによると、腕の良い戦士らしいね。僕の女主人のボディーガードとして、給料のいい仕事をしてみないかい?」

冒険者っていうか、キャンドルキープから出てきたばかりの旅人なんですけど、一体どこで私達の腕の善し悪しなど聞きつけたのでしょうか。もしや、昨夜の乱闘騒ぎのせい?でもあれ、丸腰の人相手に6人がかりでしたよ??

あずさ「金は多いほうがいいに決まってるわ、もっと聞かせてくれないかしら」

と、心の中では思いながらも冷たくあしらったりはしません。っていうか、私のしゃべり方ってかなり安定しませんね・・・

ゲーリック「僕の名はゲーリック、シルク・ロセナさんの下で働いています。彼女はバルダーズ・ゲートにある宮殿での演奏で名を誇る、コーストウェイ音楽団の1人です。彼女は今月も宮殿で演奏する予定ですが、しかし・・・彼女は最近問題を抱えているのです。彼女がフェルデポスト・インで約束通り演奏しなかった為、フェルデポストの奴らが悪漢達を雇い、彼女を痛めつける魂胆なのです。彼女が演奏拒否したのも当然です、そのような悪い所には誰も寄り付こうとしません。というわけで、彼女がバルダーズ・ゲートへ向かう準備ができるまで、護衛を雇いたいのです。報酬として300ゴールド払ってくれるそうですよ。どうです?」

私達にベレゴストの案内をしてくれたゴーリンさんはフェルデポスト・インを良い宿屋だと言って紹介してくれましたけど、めっちゃ酷い宿屋じゃないですか・・・実際私達もフェルデポスト・インで悪漢に絡まれてるので、シルクさんの件も他人事とは思えません。皆には怒られちゃいそうだけど、私はこのお仕事を引き受けてあげたい!!

あずさ「いいでしょう。坊やの主人とやらに会わせてもらおうじゃないの」

ゲーリック「とても賢い判断だと思います。それじゃあレッドシーフ・インの前に行きましょう」

凄くお金持ちそうなのに、一番ランクの低い宿屋に泊まってるのですね。うーん・・・もしや私、ゴーリンさんに騙された??

出会いと別れ:Baldur's Gate#15_挿絵3
ゲーリックさんに引き連れられて、依頼主となるシルクさんのもとへ。

シルク「あら、ごきげんよう。ゲーリックは忙しかったのかしら?貴方には少し多めに払う価値がありそうねえ。彼は幾ら払うといったの?」

ゲーリック「貴方が言ったように、300ゴールドを彼らに与えましたよ」

シルク「そう、報酬は400ゴールドに上げましょう。そう、それで、ゲーリックに貴方達の任務は聞いてるわね。私を脅しに来るならず者達を退治すればいいのよ。そんなに難しくはないと思うけど、早めに攻撃を仕掛けた方がいいわ。いい?何があっても、彼らと口を聞いてはいけない。中に有力なメイジがいて、どんなに賢い人間でもその言葉に操られてしまうのよ」

こ、これはもう嫌な予感しかしませんね。このシルクさんという人は明らかに良くないことに私達を巻き込もうとしています。

出会いと別れ:Baldur's Gate#15_挿絵4
うわぁ・・・完全に相手をだまし討ちしようとしちゃってます。例え依頼されたとしても、私はそういった悪事には加担しません!大体、まだお金貰ってないしね!

あずさ「バカなマネはよして。私達は明らかに無実の人を殺しはしないわ」

シルク「取引は終わりよ!どうせお前達など戦える度胸は無いでしょう。奴らはお前らの後で始末するわ!」

なんでこうも喧嘩っぱやい人ばかりなのでしょうか・・・

出会いと別れ:Baldur's Gate#15_挿絵5
シルクは何気に強いメイジだったので、こちらもかなり本気で戦う羽目になっちゃいましたよ。
しかし、倒すと900もの経験値をくれた上、400ゴールド、未鑑定のクォータースタッフ、ポーション・オブ・インヴァルナラビティーまで落としてくれました。結果的に依頼主を裏切ってお金だけ奪う形になっちゃったなぁ・・・

ファルティス「悪い魔女に殺される前に助けて頂いて、本当に感謝しています。お礼です。受け取ってください」

そういって被害者のファルティスさんはポーション・オブ・ディフェンスをくれました。ファルティスさんはシルクから一体なんて言われて呼び出されたのでしょうね。その辺の真相については分からずじまいです。
さて、問題はゲーリックさんの方ですね。戦いになった時もシルクの味方には付きませんでしたけども・・・

ゲーリック「シルクは死んだ!やむを得ない、悪人の運命だったんだ。僕は仕事をなくしてしまった。ご一緒させては貰えないだろうか」

ゲーリックさんも騙されていただけだったみたいですね。でもって、この流れで仲間にできちゃうの!?ただ、仲間にするとなると誰かを外さなきゃいけなくなるのですよね・・・ここは思い切ってクラスが被りまくっているツァーさん達とお別れしちゃおっか・・・

モンタロン「お前もそうしてたように。もし、お前達がそれほど役に立ってなきゃ、とうの昔に俺は殺してたさ」

ツァー「お、お前達はもう私が用なしだって?一緒に色々やったじゃないか・・・楽しいことも多かったし・・・今日は本当に悲しい日だ。じゃあな。とっても悲しいよ。ぶら、ぶら、ぶら、ぶら、皆腐ってやがる」

本当にお別れしちゃった!
いやですね・・・この世界のアライメントって単なるエッセンスなどではなくて、グッドなら名声を高めないといけないし、イービルなら名声を低く保たないとだめらしいんですよ。もしこれを破るとメンバーが怒ってグループから離脱しちゃうらしいのです。つまり、グッドとイービルの混合グループは何かと問題が付きまとうってことなのです。
私、イモエンさん、カリードさんの3人がニュートラルグッドなので、ここは早い段階でグッドより(ジャヘイラさんはトゥルーニュートラル)に固めてしまった方がいいと判断しました。

出会いと別れ:Baldur's Gate#15_挿絵6
新加入したゲーリックさんはカオティックニュートラルのバードです。クラスが被っていないところは凄く良い・・・けど、私はバードが強職だったゲームをほとんど知りません。ただ、バードはライトクロスボウが使えるみたいなので、そこそこは役に立つでしょう。多分。

出会いと別れ:Baldur's Gate#15_挿絵7
では改めてサンダーハンマーの鍛冶屋さんに。

鍛冶屋「やあ、何か御用かね?」

あずさ「邪魔するつもりはないわ。お前の鍛冶場をちょっと見ていただけ。色々と聞いていたもんでね」

鍛冶屋「問題ないよ。サンダーハンマーのサービスは信頼できる。この土地で最も優れた武器を扱ってる。何かあればタエロムに直接聞くといい」

ちゃんとしてる!接客がちゃんとしてるよ!!この世界ではちゃんとしてる人の方が少ないので貴重!
で、買い物をするなら名工タエロムさんと話せだそうです。何が買えるのかな~

サンダーハンマースミシー
近接武器
名前 価格 持手 タイプ 重量 SF ダメージ
クラブ 1 片手 打撃 3 4 1D6
ウォーハンマー 2 片手 打撃 6 4 1D4+1
メイス 10 片手 打撃 8 7 1D6+1
メイス+1 1905 片手 打撃 8 6 1D6+2
フレイル 19 片手 打撃 15 7 1D6+1
モーニングスター 12 片手 打撃 12 7 2D4
クォータースタッフ 1 両手 打撃 4 4 1D6
クォータースタッフ+1 635 両手 打撃 4 3 1D6+1
バトルアックス 6 片手 切裂 7 7 1D8
ロングソード 19 片手 切裂 4 5 1D8
ロングソード+1 1587 片手 切裂 4 4 1D8+1
バスタードソード 31 片手 切裂 10 8 2D4
ダガー 2 片手 突刺 1 2 1D4
ダガー+1 381 片手 突刺 1 1 1D4+1
ダガーオブヴェノム 12700 片手 突刺 2 0 1D4+2
ラウンド毎に6(毒)
ショートソード 12 片手 突刺 3 3 1D6
ショートソード+1 1016 片手 突刺 3 2 1D6+1
スピア 1 両手 突刺 5 6 1D6
ハルバード 12 両手 突刺 15 9 1D10
遠距離武器
名前 価格 持手 重量 SF ダメージ THAC0
弾×20 1 0 1D4+1
弾+1×10 101 0 1D4+2 +1
アロー×20 1 0 1D6
アロー+1×10 127 0 1D6+1 +1
アロー+2×10 228 0 1D6+2 +2
アロー・オブ・アイス×10 381 0 1D6
1D6(冷気)
アロー・オブ・バイティング×10 635 0 1D6
HPの30%奪う
ボルト×20 1 0 1D8
ボルト+1×10 127 0 1D8+1 +1
ダーツ×20 1 片手 0 2 1D3
ダーツ+1×10 101 片手 0 1 1D3+1
スローイングダガー×10 12 片手 1 2 1D4
スローイングアックス×5 6 片手 5 4 1D6+1
スリング 1 片手 0 6
スリング+1 127 片手 0 5 +1 +1
ショートボウ 38 両手 2 6
ショートボウ+1 1905 両手 2 5 +1 +1
ロングボウ 95 両手 3 7 +1
コンポジットロングボウ 127 両手 10 7 +2 +1
ライトクロスボウ 44 両手 7 5
ライトクロスボウ・オブ・スピード 10160 両手 5 3 +1 +1
ヘビークロスボウ 63 両手 14 10 +2

*SF:Speed Factor(武器を扱う際の難度。値が大きくなるほど攻撃が遅くなる)

防具
名前 価格 AC 重量
レザーアーマー 6 8 15
レザーアーマー+1 1270 7 10
スタッデッドレザーアーマー 25 7 25
チェインメイルアーマー 95 5 40
シャドーアーマー 13335 4 8
スプリントメイル 101 4 40
プレートメイルアーマー 762 3 50
フルプレートメイル 7620 1 70
その他
名前 価格 AC補正 重量 備考
バックラー 1 -1 2 遠距離と突刺武器に保護なし
スモールシールド 3 -1 3 遠距離武器に保護なし
スモールシールド+1 1270 -2 3 遠距離武器に保護なし
ミディアムシールド 8 -1 7
ミディアムシールド+1 1905 -2 6
ラージシールド 12 -1 15 遠距離武器はAC補正-2
ヘルメット 1 2 クリティカルヒットへの防御

流石は専門店!品ぞろえが違う!!(何故か両手剣だけ売ってないけど)
値段もかなり安いような気がします。特にスリング+1はお手頃価格なので買っておかねばですね。
後はフェルデポスト・インで買い取ってもらえなかった武器を売ったら・・・今日はここまでかな。

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

2 thoughts on “出会いと別れ:Baldur’s Gate#15

  1. マキシマム吾郎

    アライメントの不一致ってこのゲームだと結構問題なんですよね…通常NPCって仲間から外したらそれぞれ所定の待機場所に戻りますが、喧嘩別れした場合は完全にこの世界からドロンしてしまって二度と仲間に出来ないので主力メンバーが喧嘩別れした日には目も当てられませんし(-_-;)

    ちなみにこのゲームのバードは良くも悪くも器用貧乏ですね(個人的には好きなクラスですが)

    伝承知識と呼ばれる数値が他のクラスよりも圧倒的に高いのでレベルが上がってくればアイデンティファイの呪文なしで未鑑定アイテムの鑑定が徐々に可能になりますし、レベル2以降でメイジ系呪文が使用可能になるのでサブメイジとしても使えます。
    加えて必要経験値がシーフと同じなのでレベルアップが早いのも特徴ですので、ディスペルマジックなど成功率がレベル依存の呪文などは基本的にメイジより得意かと(*’▽’)

    ただ、欠点を言うとやはり本職のメイジと比べて呪文の使用回数などで劣りますし、メイジ同様鎧を装備すると呪文が使えないので防御面に不安はあります

    加えて投稿者様の主人公はステータスオール18ですので伝承知識のボーナス値がかなり高いはずなので多分現状だと主人公以下の伝承知識しかないはずなので今のところは旨味を感じないと思います。伝承知識はクラスごとにレベルアップによって増える値が異なり、リマスター版の情報になりますがメイジが+3でバードは+10なのでレベルが上がってくればいずれ逆転するとは思いますが

    また、NPCバードは基本的にインテリジェンスが低いのでレベル毎に覚えられる呪文の数はかなり少なめです(;^ω^)

    なのでクセがある上に完全な大器晩成型ではありますが、扱いに慣れてくると中々に楽しいクラスだと思います(*‘ω‘ *)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.