PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech: Ages#56

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
少しずつ拠点がAge 4色に染まりつつあると思う伊達あずさです。
まあ、そうはいってもまだ装置を2、3個作っただけですけどね・・・
というわけで~今回も引き続きAge 4関連の装置をじゃんじゃん作っていきますよ!

さて、今回最初に手掛けるのはPneumaticCraft Pressure Chamberというマルチブロック装置になります。
これはですねぇ・・・これまでとは異なるエネルギーを要する上、取り扱い方に癖がある装置なので、ちょっとだけ厄介です。

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵1
では手始めに「Pressure Chamber Wall」から作っていきましょう。
材料はCompressed Iron Ingot×8です。PneumaticCraft Pressure Chamberとしてみなされるためにはブロックの設置方法に制限があるものの、全体の大きさには制限がありません。
とりあえず最小サイズで作るなら22個ほど必要になるかな。(Pressure Chamber Wallを作ると「Pressure Chamber」の進捗が達成されます)

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵2
次は「Pressure Chamber Interface」を作ります。これはPneumaticCraft Pressure Chamberの中からアイテムを出し入れする際に使うものなので、最低でも2つは作っておきたいですね。材料はホッパーとPressure Chamber Wallです。

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵3
次はPneumaticCraft Pressure Chamberのエネルギー入力面となる「Pressure Chamber Valve」を作ります。
材料はCompressed Iron Ingot×8と「Pressure Tube」×1です。この方法だといっぱいできちゃいますが、今は1つあれば十分です。

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵4
Pressure TubeはCompressed Iron Ingot×2とガラス×1で作れます。Age 4の装置ってCompressed Iron Ingotの使用率が高いですね。
このチューブはPneumaticCraft Pressure Chamberを加圧する際のエネルギー導管としても使用するので、必要に応じて余分に作ります。

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵5
最後は「Pressure Chamber Glass」です。材料はCompressed Iron Ingot×8とガラス×1です。これも最小サイズなら1つで十分。

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵6
後は加圧源として使用する「Air Compressor」も作っておきましょう。
材料はCompressed Iron Ingot×6、Pressure Tube×1、かまど×1です。

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵7
ではPneumaticCraft Pressure Chamberを組み立ててみましょう。あまり大きくするメリットを感じなかったので最小サイズで作ります。
最小サイズは3×3×3の立方体で、全てのブロックを正しく積めばこのような見た目に変化します。

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵8
組み立て方はこんな感じ。灰色がPressure Chamber Wall、青の網掛けがPressure Chamber Interface、赤の網掛けがPressure Chamber Glass、黄色の網掛けがPressure Chamber Valveです。一応、Pressure Chamber Interfaceには向きがあり、前面がInput、背面がOutputとなっていて、外側にくる面がどちらになるかで、Pressure Chamber InterfaceのInterface Modeが変わります。
今回は[03:02]がImport Mode、[01:02]がExport Modeとなるように設置しました。具体的な置き方で言うと[04:02]の位置から2つのPressure Chamber Interfaceを奥から順に設置するといった感じでしょうか。

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵9
PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵10
Air Compressorの背面にはチューブを繋ぐ穴が開いているので、この穴とPressure Chamber Valveがある面をPressure Tubeで繋げば加圧準備は完了です。

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵11
Air Compressorを右クリックするとこんな感じのウィンドウが開きます。
真ん中の枠にかまど燃料を入れることで、Air Compressorと接続されている装置全ての圧力を上げることができます。PneumaticCraft Pressure Chamberの場合は5.0 bar(右のメーターが5の位置)まで圧力を上げられるのですが、Air Compressorで5.0 barまで上げるのって結構時間がかかるんですよね。

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵12
そんな悩みを解決してくれるのがこの「Speed Upgrade」です!
これをAir Compressorに入れれば加圧速度が速くなります。重ねて入れればその効果はどんどん上がり、8枚も重ねればそれはもう速い・・・のですが、その分、燃料の消耗も激しくなるので必要な分の加圧が済んで、圧力の維持だけを行う際にはSpeed Upgradeを減らすなりの策を講じる必要があるかもしれません。
材料はラピスラズリ×4、砂糖×4、Lubricant Bucket×1です。Lubricantは軽油を蒸留塔で分離したときに出てくる液体です!

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵13
後はこの「Security Upgrade」もあった方が無難です。
これはAir Compressor内の圧力を監視するためのUpgradeで、これを入れておけば、加圧しっぱなしで放置しても、Air Compressorが自身の耐圧を超えて加圧しなくなります。まあ要するに、長時間動作させたまま放置してもAir Compressorが爆発しなくなるってことです。
材料はラピスラズリ×4、黒曜石×4、「Safety Tube Module」×1です。

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵14
Safety Tube Moduleは「Pressure Gauge」×1、レバー×2、Pressure Tube×1から作ります。まだ未知がある!

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵15
Pressure Gaugeは金インゴット×4とCompressed Iron Ingot×1から作ります。

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵16
PneumaticCraft Pressure Chamber内の圧力が5.0 bar近くに達すると「ぷしゅ~」と音がし始め、中に蒸気が噴き出し始めます。後はアイテムを入れるだけなのですが・・・何かこの装置、ちょっとアイテムの入れ方が良くわかんないんですよね。
少なくても、Pressure Chamber Interfaceに対して直接アイテムを手で放り込むことはできなさそうです。

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵17
なので、Pressure Chamber Interfaceへの搬入はItem Cableを使って行います。もちろんホッパーを使っても良いです。
当然ですが、Interface StatusがImport ModeになっているPressure Chamber Interfaceから入れます。

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵18
次に反対側にあるExport ModeのPressure Chamber Interfaceの設定画面を開き、Redstone BehaviourをHigh Signalに設定します。

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵19
その状態で、Export側にもレバー、Item Extraction Cable、チェストを設置します。こうすることで、レバーがONになっている間だけ、PneumaticCraft Pressure Chamber内のアイテムが搬出されるようになります。
いや・・・実は、PneumaticCraft Pressure Chamber内に入れたアイテムって、変化するまでにまあまあ時間がかかるのですよ。にもかかわらず、Pressure Chamber Interfaceって中にあるアイテムを即座に搬出しようとしちゃうんですよね。
一応、Pressure Chamber InterfaceにはFilter機能が付いているので、変化後のアイテムだけを搬出するように設定できるのですが、いちいちFilter設定するのもまあまあ面倒くさい・・・ということで、手動でも取りだせるようにしちゃいました。もちろん、この状態でもFilter機能は使えますしね。状況に応じて使い分けると良いです。

PneumaticCraft Pressure Chamberの設置とその使用法:Minecraft SevTech Ages#56_挿絵20
ちなみにPneumaticCraft Pressure Chamberを使えば、1つの鉄インゴットから1つのCompressed Iron Ingotを作れるので、こちらを利用することで鉄インゴットの消費を抑えることができます。まあ、レール増殖のおかげで鉄インゴットは今や非枯渇資源なので、これまで通りでも全然問題ありませんけどね・・・
PneumaticCraft Pressure Chamberを使った本格的なクラフトはまた次回。

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください