アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)

投稿日:

前回からの続きです!

皆さんこんにちは。
わさびを醤油に溶かさない派の伊達あずさです。
うん。特に言いたいことが無くなっちゃったんです!

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵1アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵2
面白い前置きが浮かばなくなってきた私は素直にゲームを再開するほかありません。
前回の最後ゾーン43の扉が繋がっていた先はゾーン44でした。何か全然順番通りに繋がっちゃってますね・・・

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵3アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵4
下から緑色のホットドッグが生えているということは、お馴染みの空中ステージです。
ゾーン10の時とは違って、ここには敵も出現するんですよね。しかも、執念深いあのジャック・ビーが!
空中ステージ+ジャック・ビーとかなかなかにいやらしい組み合わせです。
でも、ボンの爆発で画面上の全ての敵を倒せる今であれば、ジャンプアクションを行いつつ、定期的にボンを投げるだけでジャック・ビーの方は無力化できます。
ジャンプの方は・・・慣れですね。さすがに何か慣れてくるもんなんですよ。敵の邪魔さえ入らなければ、そうそう落ちないもんです。

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵5アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵6
まだ折り返してすらいないわけですから、ゾーン45もさらさら~っと行っちゃいましょう。

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵7アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵8
高低差がある足場を大ジャンプで上ったり下りたりして進むだけです。敵もヴォンチャーしかでませんし、楽勝ですね。さすがに全100ステージもあると、難易度も上がる一方ってわけではないみたいです。所々、簡単なステージが混じってくるんですよね~
でも、偶にはこういうストレス解消ステージがないと集中力が持たなくなってきますし大事かもしれませんね。
でもって、ゾーンの最後には扉が2つありましたが、全て手前で行くと決めたので迷わず手前を選びますよ!

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵9アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵10
かなりゾーン数を刻んできますね・・・このゾーン48はストレスフルの暗闇ステージ!
暗闇ステージって思い切って走れないからストレスが貯まるんですよ。まあ、さっきのステージは爽快感満載でしたしバランスを取る意味では仕方ないのかな・・・

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵11アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵12
ボンのわずかな明かりを頼りに少しずつ左に進んでいくと、やがて扉が見えました。
しかしね・・・いまさらながら思うんですよ。仮にも探検家を名乗っているくせに、どうして明かりすら用意してこないんでしょう・・・誰1人帰ってこないという「いわくつきの秘島」に挑む割には準備が悪すぎます!

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵13アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵14
暗くなったりピンクになったりと忙しいですがゾーン47です。何か1つ戻されましたね・・・

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵15アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵16
ピンクに染まる世界をただただ左に走り続けるだけのゾーンでした。まあでも、走りながら定期的にボンを投げた方がいいかもしれませんね。
とりあえず何処かしらで爆発すれば画面上の全ての敵を倒せるわけですから。
しかし、装備がボンしかないけど、逆にボンだけは幾らでもあるんですよね。つまるところ、私の鞄の中にはボンしかはいってないわけで、物凄い量の爆発物を持って冒険しているわけです。
まあでも、扉が吹き飛ぶ程度の威力しかないし、実は大した火力はないのかもしれませんけどね。普通に銃とかの方が良かったんじゃ・・・

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵17アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵18
・・・と、ここで遂に折り返しましたよ!!ゾーン52です!
が、しか~し、ステージの雰囲気から嫌な予感しかしません・・・多分ここはやばいステージです!

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵19アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵20
という私の予想に反して、水っぽいステージであるにも関わらず私の天敵ギランは姿を現しませんでした。な~んだ。
ギランさえ出現しなければ、多少穴が開いていても落ちやしませんよ!
ちなみに途中で時計の図形が書かれたアイテムをゲットしましたが・・・何となく制限時間の減りが遅くなったような気がしますよ?

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵21アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵22
でもって次はゾーン56!何か少しゾーンの進むスピードが上がってきた気がしますね。
先ほどゲットした時計の図形のアイテムはゾーン限定ではなく効果が継続するみたいですね。(アイテムとして表示されてるし)

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵23アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵24
エンタシスな柱が立ち並ぶこのゾーンには、ダギーラとオーヨーという同じみの組み合わせの敵が出現します。
しかし・・・何か凄く狭いんですよね。あっというまに次の扉にたどり着いちゃいました。
偶にはとおもって扉の先まで進んでみたのですが、すぐ先は大穴になってしまっていました。何か向こう岸に行けそうな気がしなくもなかったのですが、こんなところでそんな賭けに出るのは嫌なので素直に最初に見つけた扉に入ることにしました。

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵25アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵26
でもってゾーン57です。てんかんを起こしそうなほど画面が凄く明滅してます。今の時代だったら間違いなく修正ですねこれは。

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵27アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵28
ネバップが追加で出る以外はゾーン45とほとんど一緒ですね。ステージ自体は楽勝です。
しかし、明滅する画面を見続けるのは結構厳しいものがありますね。

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵29アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵30
でもってゾーン58です。
こ・・・これは・・・またも真っ暗闇です。ここはボンを投げずとも偶にぴかっと地形が見えるみたいです。
が・・・何か暗闇ステージとは思えないほど、穴だらけのような気が・・・

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵31アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵32
ザバーンも出るし、一時はどうなるかと思いましたが、暗闇の中でも宝箱だけは見失わないトレジャーハンターの才覚がある私は、宝箱の位置から足場を察知することでどうにか生き延びることができました。
ちなみに、最後の扉見えませんでした・・・(突如ゾーン移動した)

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵33アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵34
というわけでゾーン60!後40!・・・長いな・・・ゾーン1つ1つが幾ら短いとはいえ、100ステージってかなり壮大ですよね。

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵35アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵36
背景の色合い的には珍しいものの、ネバップがむやみやたらと上下移動する他には特にこれと言った特徴もないステージでした。
でも、扉までの距離はまあまああったかな?

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵37アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵38
で、ゾーン64にやってきたわけですが・・・何ここ!何もないよ!しかもステージ狭っ!!
色々試してみましたが、どうやら戻るしかないようです・・・

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵39
ゾーン64からはどこへも進めなかったのでゾーン60に戻ったわけですが、扉の先には宝箱しかないんですよね・・・
でも、ゾーン60の入り口は高い位置にあったから、もう戻れなかったはずなんですよね。どうしよう・・・

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵40
とりあえずゾーン60の入り口付近まで戻ってくると、入り口の直ぐ左側に扉があるではありませんか。
物凄く近くにある!!!当たり前のように右に進んじゃってましたが、左が正解だったのですね。

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵41アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵42
こっちはちゃんと先があるゾーンだと良いのですが・・・そんな祈りを込めたゾーン61です。
画面が眩いばかりの白一色なので、きっと滑るステージなのだろうとは思ってましたが、案の定でした。

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵43アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵44
しかしながら、定期的にネバップが出てくるものの、穴1つなくとても平坦なステージでした。あっれ~?何か簡単なステージが続きますね。

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵45アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵46
ちょっとだけ飛んでゾーン65です。まだまだ終わりは見えてきませんね~
ゾーン61に引き続き、ここも滑るステージの様です。ただ、雰囲気的に今回は高低差がありそうですね。BGMも屋外ですし。
滑る+空中ステージというのはさすがに嫌かも・・・

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵47
狭い足場からの大ジャンプを要求される箇所が2~3つあるのですが、足場が滑るという要素が加わるとちょっと難しくなりますね。
滑って落ちるというよりは、助走が足りず大ジャンプを失敗することがあるんですよね。
まあ、失敗しても登れないだけなので致命的ではないのですけど、テンポが悪くなるから何か嫌~~
狭い足場内で助走をつけるより、手前の広い所から助走をつけて、狭い足場に着地後すかさずジャンプで超えた方がいいかも・・・

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵48
しかしながら、ステージ自体そう広くはないので多少ジャンプに手間取ったところで、支障ないかもしれませんけどね。

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵49アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵50
でもって、ゾーン67!白い画面のステージが続きますね・・・ちょっとだけ目が痛くなってきました。

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵51アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵52
目には厳しいけれど、高低差がある足場+ヴォンチャーという難易度としては優しいお馴染みのステージでした。
何かステージ構成もパターンができちゃった気がしますね。そうなると、風景をネタにしていじることができなくなるわけで、後30以上もあるというのに別の意味で不安になってきちゃいます。

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵53アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵54
そんな不安を抱きながらもゾーン69です。久しぶりに青空ステージです。目にも優しくていいですね。

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵55アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵56
うん・・・ステージ的には特になんてことないステージなんですよ。敵もジャック・ビーしかでないし、穴もなく平坦なので、ただただ右にひたすら進んでいくだけの簡単なステージです。
しかし、私はとても気になるものを見つけてしまったわけですよ!それは・・・このステージの背景として登場しているピラミッドなんです。

今私が冒険している「アトランチス」は、大西洋に現れたとある辺りから、恐らくギリシアの哲学者プラトンの著書に登場する「アトランティス」のことであると思われます。
アトランティスと言えば、オリハルコンという伝説の合金を使って、飛行機やら潜水艦まで建造していたという超古代文明ですが、そんな伝説の中にはエジプトのピラミッドに関わった説なんていうのもあるらしいんですよ。
何でも、現代科学すら超える石の精密加工技術や半重力技術まで持ったアトランティス人が、エジプトのピラミッド建造を手伝ったとか手伝わないとか・・・
実際、ヒエログリフには潜水艦や飛行機にしか見えないような図形が彫られており、アトランティス文明がエジプト文明に関与した証拠だと言われていたりするらしいです。
しれっと登場していますが、実は案外良く調べられた上でのことなのかもしれませんね。恐るべしアトランチスの謎!
(これらはあくまでも「信じるか信じないかはあなた次第!」っていう系のお話です)

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵57
アトランチスの謎というゲームを見なおした所で、ゾーン70!

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵58
え!?

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵59
冗談抜きで死んだと思ったんですけど・・・まったくわけも分からないままゾーン72に突入しました。何だったの今の・・・

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵60
あれ?入り口に扉が2つある・・・私どっちから入ってきたんでしょう?
もし、上から来たのだとすると、下は別の所に繋がっている可能性があるわけですが、もし、下から来たのだとするとさっきのゾーン70に戻るわけですよね・・・それは・・・

アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵61アトランチスの謎のプレイ日記3:レトロゲーム(ファミコン)_挿絵62
ゾーン70がすっかりトラウマとなってしまった私は、危険を避け、他の扉を探すことにしたのでした。
ちなみに、そこそこ右に進むとちゃんと別の扉がありましたよ。良かった良かった。
しかし、ここのダギーラは何か弾を出してきますね・・・幸い、直線状に居る時は出してこなかったので危険はありませんでしたけど・・・

と、いよいよアトランチスの謎も大詰めとなってきましたが、今日はここまでです。
しかしながら、アトランチスの謎の作り込まれっぷりに関心して油断しきっていた所を狙い撃ちされてしまいましたね・・・ゾーン70・・・アトランチス怖いよ・・・

この記事をもっと読む
Prev | Next

プレイ日記一覧へ
>>ファミコンソフト一覧へ

Studio POPPOをフォローしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください