漫画*第6話:進撃の白猫~スマホ(Android)用ゲームアプリ~

投稿日:

↓↓↓ 押して頂けると喜びます
にほんブログ村 漫画ブログへ
blogramで人気ブログを分析

もし記事上で画像が鮮明に見えない場合は、画像をタップ(クリック)して別窓を開くと鮮明に見えるようになりますのでよろしくお願いしますm(_ _)m

スマホ(Android)用ゲームアプリ
漫画:進撃の白猫(Attack of White Cat)
第6話:歴史は繰り返される

漫画*第0006話:進撃の白猫~スマホ(Android)用ゲームアプリ~

この漫画をもっと読む
Prev | Next

Android用アプリ
Download: 進撃の白猫~白猫妖精マイケルの不思議な石版~

Android用ゲームアプリ:進撃の白猫~白猫妖精マイケルの不思議な石版~

蘭丸の一言では済まされないコーナー

栁澤蘭丸です、皆様こんにちは!
大人になったのに、未だに試験勉強できてない!と焦る夢を見る…
そんな話をよく蘭丸の母はしております。
蘭丸の夢は非現実的でファンタジックなのばっかりなので、これに関してはあまり「あるあるー」とはなりませんでしたが、大人の中にはいまだに試験に追われるという悪夢を見てしまう人がいるみたいなので
そんなことを漫画にしてみました。
白猫のおつとめは子々孫々受け継がれていくので、マイケル父も苦労はしましたがマイケルに同じように苦労をさせますし、マイケルが子供を持ったとしても同じなのでしょう!
マイケル父の名前「ミハイル」はマイケルの別言語読みですが適当に今つけました。
マイケル祖父は「ミゲル」とかそんな感じだと思われます。
マイケルはOJTよろしく実践で魔法を身に着けていきますが、漫画によると(?)マイケル父はマイケル祖父の厳しい指導の下、魔法をマスターしていったようですね。
マイケルがもっとまじめにお父さんから魔法を習っていれば、デフォルトマイケルはもっと強かったのかも…。

ところで蘭丸の「一言では済まされないコーナー」!!
蘭丸さんの知り合いには3月生まれが多いので3月は誕生日プレゼントのことを考えがちになります!
蘭丸さんが昔から肝に銘じているのは、「プレゼントを選ぶ基準は『①本人は絶対に買わないもの』だけど、『②貰ったら嬉しいもの』であるべき」。
これでございます。
多分これに当てはまると、プレゼントを貰った人も喜ぶし、自分もあげて楽しいので、良かったら参考にしてください!(ただし下記はすべて本人と一緒に買いに行く場合は全く気にする必要がありません…!)

まず「本人は絶対買わないもの」とは何か。
これは、実用品ではないことを示しています。
ぜいたく品なら実用品でもOKなものもあると思いますが、基本NGです。
極端にいうとお母さんに「新しい掃除機」をプレゼントしてはいけないということです。
実用品は、言い方を変えれば、経費で落ちるもの。
経費で落ちるなら(つまり家計から出るようなものなら)、わざわざプレゼントを貰うという楽しい機会を犠牲にしなくても手に入るので、それは避けたいところなのです。
財布などの、絶対に必要なものも避けます。
ぜいたく品に当てはまるほど高級な、例えばエルメスの財布ならともかく、絶対に必要な以上は使い勝手やデザインに好みもありますし、新しい財布を買ったばかりだったり、この財布をずっと使い続けるんだ!!と誓っている人だった場合、意味がなくなってしまうためです。
まあ財布だと特に、カバンやポーチと違い同時期に1つしか所有しないものなので、なおさらプレゼントに向いていません。
実用品は本人が選んで自分で手に入れるのが一番ということなのです。

では、何を選んだらいいのか、と言いますとそれは「完全に無駄遣い」なものです。
人は無駄遣いをしたがらないので(無駄遣いする人であっても、一応避けたいはず…)かわりに無駄遣いしてあげるという意図があります。
例えば…いくらアメトーークが好きな人でも、DVDボックスまでは勿体ないし買わない。
とあるアニメのとあるキャラクターが大好きでも、お高めのフィギュアまでは買わない、とか。
無駄遣いを我慢しているものって案外あると思います。
①と②を兼ね備えたもの、それは「好きだけど無駄遣いとしか思えない代物」、これです!
これを代わりに買って、差し上げると「うわああああ!ヽ(゚`∀´゚)ノウヒョ ━━━━━━!!!」ってなるんです~。
彼氏彼女ならアクセサリーも無駄遣いに含まれますよね。
付き合ってもいないのにアクセサリーをあげると、ドンびかれるおそれがありますが。

蘭丸がこれらを踏まえて伊達さんにさし上げ、本人大喜びで大成功だった誕生日プレゼント…それは

エクスカリバー」です。…

Fateシリーズに出てくるようなライトな青と金のエクスカリバーではなく、渋い銀色の片手剣の、持つとずっしり重いエクスカリバー。本格的な装いなので結構お値段もするかっちょいいエクスカリバーです。
受け取った伊達さんは、目を輝かせて、「これでゾンビが来ても戦えるね!」(←そうか?)などと言いながら、素振りを繰り返しました。
もう飽きてもいい頃じゃないかと思いきや、今でも振りまわしながら「これが一番嬉しかったプレゼントだわぁ~」と、キャッキャしています。
(伊達さんはゾンビ好きをこじらせていますので…。)

ここまで喜んでもらえると、あげた方も選んだ甲斐があるというものです。
次のプレゼントはポールウェポンがいいか、それともダリル(ウォーキング・デッド)みたいなボーガンがいいか、しかしどっちも狭い場所で戦うのに不向きじゃないか?などと真剣に話し合っています。(ばかですね)
そろそろ素振りのしすぎてエクスカリバーがポッキリいって折れた刃先が吹っ飛んで、蘭丸さんに突き刺さるとか、窓ガラスを割って屋外に飛び出すとかしないか心配になってきましたので、はやいとこ新しい武器を与えないと…と焦る私です。

そういうわけで、「中身は見るまでのお楽しみ!」系プレゼントで、相手のヽ(゚`∀´゚)ノウヒョ ━━━━━━!!!な顔が見たい時は、よかったら参考にしてください(∩´∀`)∩
あまりに変すぎるものを買って怒られても、蘭丸さんに苦情はなしでお願いします(;´Д`)

漫画記事一覧へ


Studio POPPOをフォローしませんか?

ランキングへの投票(1日1回まで)よろしくお願いします!

にほんブログ村 漫画ブログへ
blogramで人気ブログを分析
栁澤 蘭丸
Studio POPPOのお荷物担当です。遊んで暮らすことしか考えていないクズです♡+.(。Ő౪Ő。)+♡.

コメントを残す